トイレのリフォーム

トイレのリフォームを行う際に皆さん悩まれるのはタンクレスにするか、タンク付きにするかです。価格も変わりますし、双方のメリット・デメリットを適切に比較できているリフォーム業者のホームページはありません。

せっかくなので弊社が考えるタンクレスとタンク付きの違いを記載しておきます。ご参考ください。

弊社が考える

タンクレスのメリット

スッキリしています。結果お掃除が楽です。

トイレの長辺を10-15cm短くて済みます。昨今のマンションで採用が多いのはデザイン性だけでなく、このトイレに供する面積を少なくする効果はあまり謳われていません。トイレで節約した面積は住居部分の拡大や介護しやすいトイレのために利用されます。

デメリット

水道から直接給水されるので、断水時は流れません。

価格がタンクレスより高くなります。

タンク付きのメリット

断水時も大を1回流すことが出来ます。小なら4回位は行けるでしょうか!?

タンクレスよりは価格がお求めやすいです。

デメリット

”リフォームした感”が出にくいです。

タンクレスよりは10-15cmトイレの長辺が長くなります。
従って、タンクレスのトイレをタンク付きにリフォームすると窮屈なトイレになってしまう可能性がございます。

 

トイレのリフォーム前トイレの解体トイレのリフォーム後トイレのリフォーム後の全体